20thannive
川口澄子(画工)
漫画家

藤子不二雄A

剣士・黒澤雄太氏の演武をはじめて目にしたのは、故・赤塚不二夫氏の文部大臣賞受賞記念のパーティの席だった。昔から「チャンバラ」(と云うと大変失礼だが)が大好きなぼくは、その演武に魅せられた。ザワつくパーティ会場の中、黒澤氏のまわりの空気だけが、ピンと張りつめられていた。続きを読む

師範からのコメント>>

藤子先生は、私の剣を最初に認めてくれた人で、受けたご恩ははかりしれません。 先生と最初にお会いしたとき、確か私はまだ20代で、まだ何者にもなっていない私を面白がり、ご自身の作品の参考にするばかりか、その後、先生の故郷である氷見市でも祝賀演武をさせていただきました。 そのおり、氷見市が一望できる温泉に一緒に入り、あそこが自分の生家で、あの道を通い学校へ行ったなどと、裸で手づからお話いただいたことが、特に印象に残っています。

公益財団法人佐野美術館館長

渡辺妙子

黒澤さん
道場設立20周年おめでとうございます。
日本刀の鑑定は武士の嗜み、それは武士の人格・品性を鑑定するための修練でもありました。
続きを読む

> Webサイトへ

師範からのコメント>>

私には残念ながら、武道において師と呼べる人はいない。しかし、他の分野では、ありがたいことに師と仰ぐ人が何人かいる。渡辺先生も私にとって大切な師のひとりで、刀の美的方面や鑑定をご教示いただいている。 佐野美術館の講座や鑑定会は本当にレベルが高く、まごうことなき名刀たちがならび、それを手に取り、その氣にふれるだけでも、命が洗われるような感覚がある。それはあたかも、五感を通して感じる名刀の氣を、私の細胞が開いて受け喜んでいるかのようだ。 毎月先生に会い、名刀とともに薫陶を受けることが、今の私を細胞レベルから作っている。

作家・福聚寺住職

玄侑宗久

黒澤さん、道場設立20周年おめでとうございます。じつは私も人前に文章をさらすようになってほどなく20年になります。
私もこれまで『日本人の心のかたち』を
続きを読む

> Webサイトへ

師範からのコメント>>

剣と禅とは昔から相性が良い。殺人刀、活人剣など禅の言葉の中に剣が使われることは珍しくない。
私の個人的意見だが、剣と禅との繋がりの深さのひとつには、武士である限り避けて通ることのできない修羅道の、救いを仏道に求めたのではなかろうか。古くは西行、戦国の謙信、信玄、江戸時代にはいって鈴木正三など、武士から出家した者は多い。
もちろん、純粋な意味での出家とは言えないかもしれない。(しかし、それを言うなら、今のお坊さんのどれだけが純粋な意味での出家と言えるのだろうか)
しかし、刀を腰にする私の会得した感覚として、実際に殺すにしても殺さぬにしても修羅は修羅、生臭だろうと仏道は仏道で、修羅に生きる者は、その闇が深いほど宗教に心魅かれるのだ。
玄侑和尚のいう「日本人の心のかたち」のひとつは、まぎれもなく「日本刀」だろうし、それを実践的に示し、未完の活人剣を磨くとなれば、それは剣だけでできるものでは到底なく、仏道修行と表裏一体であると、玄侑和尚の言葉をいただいて、さらに覚悟した次第であります。

インド仏教最高指導者

佐々井秀嶺

日本武徳院 殺活自在流剣法師範 黒澤雄太「龍雲」に捧げる祝いの言葉
今回承りますれば、道場設立20周年に道場設立20周年に当たるということで
続きを読む

> Webサイトへ

師範からのコメント>>

藤子先生は、私の剣を最初に認めてくれた人で、受けたご恩ははかりしれません。 先生と最初にお会いしたとき、確か私はまだ20代で、まだ何者にもなっていない私を面白がり、ご自身の作品の参考にするばかりか、その後、先生の故郷である氷見市でも祝賀演武をさせていただきました。 そのおり、氷見市が一望できる温泉に一緒に入り、あそこが自分の生家で、あの道を通い学校へ行ったなどと、裸で手づからお話いただいたことが、特に印象に残っています。

茶道宗徧流家元

山田宗徧

日本武徳院創設20周年おめでとうございます。
桐島ローランドと茶会をした際に、居合をして
いただき、神様が降りてきたような、凛とした
空気感ができあがったのを思い起こします。
剣先がより研ぎ澄まされ、龍雲沸き起こることを
確信しています。

師範からのコメント>>

私には残念ながら、武道において師と呼べる人はいない。しかし、他の分野では、ありがたいことに師と仰ぐ人が何人かいる。渡辺先生も私にとって大切な師のひとりで、刀の美的方面や鑑定をご教示いただいている。 佐野美術館の講座や鑑定会は本当にレベルが高く、まごうことなき名刀たちがならび、それを手に取り、その氣にふれるだけでも、命が洗われるような感覚がある。それはあたかも、五感を通して感じる名刀の氣を、私の細胞が開いて受け喜んでいるかのようだ。 毎月先生に会い、名刀とともに薫陶を受けることが、今の私を細胞レベルから作っている。

ギタリスト・ソングライター

いまみちともたか

アイルランドの血もひく日本人にして音楽と
映画が好きな上に誕生日が自分と同じという
ロック兄ちゃん黒澤雄太氏の剣士としての姿
を見たのは某所で
続きを読む

> Webサイトへ

師範からのコメント>>

剣と禅とは昔から相性が良い。殺人刀、活人剣など禅の言葉の中に剣が使われることは珍しくない。
私の個人的意見だが、剣と禅との繋がりの深さのひとつには、武士である限り避けて通ることのできない修羅道の、救いを仏道に求めたのではなかろうか。古くは西行、戦国の謙信、信玄、江戸時代にはいって鈴木正三など、武士から出家した者は多い。
もちろん、純粋な意味での出家とは言えないかもしれない。(しかし、それを言うなら、今のお坊さんのどれだけが純粋な意味での出家と言えるのだろうか)
しかし、刀を腰にする私の会得した感覚として、実際に殺すにしても殺さぬにしても修羅は修羅、生臭だろうと仏道は仏道で、修羅に生きる者は、その闇が深いほど宗教に心魅かれるのだ。
玄侑和尚のいう「日本人の心のかたち」のひとつは、まぎれもなく「日本刀」だろうし、それを実践的に示し、未完の活人剣を磨くとなれば、それは剣だけでできるものでは到底なく、仏道修行と表裏一体であると、玄侑和尚の言葉をいただいて、さらに覚悟した次第であります。

アコースティックギタリスト

押尾コータロー

黒澤さんの真剣の演武を見て
真剣に何かをする事の意味がよくわかりました。
生半可な気持ちだと、大怪我をする。
人生を真剣に向き合わねば!と教えられました。
道場設立20周年おめでとうございます!

> Webサイトへ

師範からのコメント>>

藤子先生は、私の剣を最初に認めてくれた人で、受けたご恩ははかりしれません。 先生と最初にお会いしたとき、確か私はまだ20代で、まだ何者にもなっていない私を面白がり、ご自身の作品の参考にするばかりか、その後、先生の故郷である氷見市でも祝賀演武をさせていただきました。 そのおり、氷見市が一望できる温泉に一緒に入り、あそこが自分の生家で、あの道を通い学校へ行ったなどと、裸で手づからお話いただいたことが、特に印象に残っています。

作詞家、詩人

クリス モズデル

刀の名手としての黒澤雄太は強烈な経験である。
彼は緩められるのを待つ巻かれたネジであり、手にした刀と同じ位に研ぎ澄まされた思考回路を持つ往古の魂である。
続きを読む

> Webサイトへ

師範からのコメント>>

剣と禅とは昔から相性が良い。殺人刀、活人剣など禅の言葉の中に剣が使われることは珍しくない。
私の個人的意見だが、剣と禅との繋がりの深さのひとつには、武士である限り避けて通ることのできない修羅道の、救いを仏道に求めたのではなかろうか。古くは西行、戦国の謙信、信玄、江戸時代にはいって鈴木正三など、武士から出家した者は多い。
もちろん、純粋な意味での出家とは言えないかもしれない。(しかし、それを言うなら、今のお坊さんのどれだけが純粋な意味での出家と言えるのだろうか)
しかし、刀を腰にする私の会得した感覚として、実際に殺すにしても殺さぬにしても修羅は修羅、生臭だろうと仏道は仏道で、修羅に生きる者は、その闇が深いほど宗教に心魅かれるのだ。
玄侑和尚のいう「日本人の心のかたち」のひとつは、まぎれもなく「日本刀」だろうし、それを実践的に示し、未完の活人剣を磨くとなれば、それは剣だけでできるものでは到底なく、仏道修行と表裏一体であると、玄侑和尚の言葉をいただいて、さらに覚悟した次第であります。

慶應義塾横浜初等部教諭

齋藤秀彦

剣が単に人を斬るための道具にすぎなければ、それは150年前に
無用の長物と成り果て、剣を使った演武は古典芸能の域を出なかったであろう。
剣には、剣そのものに美を追求する要素があり、また使い手の精神面の強さや
続きを読む

師範からのコメント>>

剣と禅とは昔から相性が良い。殺人刀、活人剣など禅の言葉の中に剣が使われることは珍しくない。
私の個人的意見だが、剣と禅との繋がりの深さのひとつには、武士である限り避けて通ることのできない修羅道の、救いを仏道に求めたのではなかろうか。古くは西行、戦国の謙信、信玄、江戸時代にはいって鈴木正三など、武士から出家した者は多い。
もちろん、純粋な意味での出家とは言えないかもしれない。(しかし、それを言うなら、今のお坊さんのどれだけが純粋な意味での出家と言えるのだろうか)
しかし、刀を腰にする私の会得した感覚として、実際に殺すにしても殺さぬにしても修羅は修羅、生臭だろうと仏道は仏道で、修羅に生きる者は、その闇が深いほど宗教に心魅かれるのだ。
玄侑和尚のいう「日本人の心のかたち」のひとつは、まぎれもなく「日本刀」だろうし、それを実践的に示し、未完の活人剣を磨くとなれば、それは剣だけでできるものでは到底なく、仏道修行と表裏一体であると、玄侑和尚の言葉をいただいて、さらに覚悟した次第であります。

雲母唐長 唐紙師

トトアキヒコ

黒澤さんとぼくは互いに肚に龍が棲む。
だから、気が合う。
続きを読む

> Webサイトへ

> ブログへ

師範からのコメント>>

剣と禅とは昔から相性が良い。殺人刀、活人剣など禅の言葉の中に剣が使われることは珍しくない。
私の個人的意見だが、剣と禅との繋がりの深さのひとつには、武士である限り避けて通ることのできない修羅道の、救いを仏道に求めたのではなかろうか。古くは西行、戦国の謙信、信玄、江戸時代にはいって鈴木正三など、武士から出家した者は多い。
もちろん、純粋な意味での出家とは言えないかもしれない。(しかし、それを言うなら、今のお坊さんのどれだけが純粋な意味での出家と言えるのだろうか)
しかし、刀を腰にする私の会得した感覚として、実際に殺すにしても殺さぬにしても修羅は修羅、生臭だろうと仏道は仏道で、修羅に生きる者は、その闇が深いほど宗教に心魅かれるのだ。
玄侑和尚のいう「日本人の心のかたち」のひとつは、まぎれもなく「日本刀」だろうし、それを実践的に示し、未完の活人剣を磨くとなれば、それは剣だけでできるものでは到底なく、仏道修行と表裏一体であると、玄侑和尚の言葉をいただいて、さらに覚悟した次第であります。

株式会社アウトレーヴ代表取締役

浅岡紀子

日本武徳院 黒澤雄太「龍雲」 先生
黒澤師範のお人柄に興味を持った事がきっかけでありましたが恐る恐る「稽古を拝見させて下さい」とお願いしたあの日。
続きを読む

> Webサイトへ

師範からのコメント>>

剣と禅とは昔から相性が良い。殺人刀、活人剣など禅の言葉の中に剣が使われることは珍しくない。
私の個人的意見だが、剣と禅との繋がりの深さのひとつには、武士である限り避けて通ることのできない修羅道の、救いを仏道に求めたのではなかろうか。古くは西行、戦国の謙信、信玄、江戸時代にはいって鈴木正三など、武士から出家した者は多い。
もちろん、純粋な意味での出家とは言えないかもしれない。(しかし、それを言うなら、今のお坊さんのどれだけが純粋な意味での出家と言えるのだろうか)
しかし、刀を腰にする私の会得した感覚として、実際に殺すにしても殺さぬにしても修羅は修羅、生臭だろうと仏道は仏道で、修羅に生きる者は、その闇が深いほど宗教に心魅かれるのだ。
玄侑和尚のいう「日本人の心のかたち」のひとつは、まぎれもなく「日本刀」だろうし、それを実践的に示し、未完の活人剣を磨くとなれば、それは剣だけでできるものでは到底なく、仏道修行と表裏一体であると、玄侑和尚の言葉をいただいて、さらに覚悟した次第であります。

人形師

岡馬勳

剣士である黒澤雄太ですが、私には彼が剣士であることは関係がなく。
特筆したいのは、彼の人間好き、興味のあることには労を惜しまない行動力、
続きを読む

> Webサイトへ

師範からのコメント>>

剣と禅とは昔から相性が良い。殺人刀、活人剣など禅の言葉の中に剣が使われることは珍しくない。
私の個人的意見だが、剣と禅との繋がりの深さのひとつには、武士である限り避けて通ることのできない修羅道の、救いを仏道に求めたのではなかろうか。古くは西行、戦国の謙信、信玄、江戸時代にはいって鈴木正三など、武士から出家した者は多い。
もちろん、純粋な意味での出家とは言えないかもしれない。(しかし、それを言うなら、今のお坊さんのどれだけが純粋な意味での出家と言えるのだろうか)
しかし、刀を腰にする私の会得した感覚として、実際に殺すにしても殺さぬにしても修羅は修羅、生臭だろうと仏道は仏道で、修羅に生きる者は、その闇が深いほど宗教に心魅かれるのだ。
玄侑和尚のいう「日本人の心のかたち」のひとつは、まぎれもなく「日本刀」だろうし、それを実践的に示し、未完の活人剣を磨くとなれば、それは剣だけでできるものでは到底なく、仏道修行と表裏一体であると、玄侑和尚の言葉をいただいて、さらに覚悟した次第であります。

美術作家

関根直子

以前黒澤さんの道場に伺った際、真剣を持たせてもらったことがあります。
鋭い刃先は長く、そして重く、刀はその形であるゆえに持つ人の所作を変えるのだと知りました。
道場は物によって引き出される人の可能性が見えてくる場なのではないでしょうか。
続きを読む

師範からのコメント>>

剣と禅とは昔から相性が良い。殺人刀、活人剣など禅の言葉の中に剣が使われることは珍しくない。
私の個人的意見だが、剣と禅との繋がりの深さのひとつには、武士である限り避けて通ることのできない修羅道の、救いを仏道に求めたのではなかろうか。古くは西行、戦国の謙信、信玄、江戸時代にはいって鈴木正三など、武士から出家した者は多い。
もちろん、純粋な意味での出家とは言えないかもしれない。(しかし、それを言うなら、今のお坊さんのどれだけが純粋な意味での出家と言えるのだろうか)
しかし、刀を腰にする私の会得した感覚として、実際に殺すにしても殺さぬにしても修羅は修羅、生臭だろうと仏道は仏道で、修羅に生きる者は、その闇が深いほど宗教に心魅かれるのだ。
玄侑和尚のいう「日本人の心のかたち」のひとつは、まぎれもなく「日本刀」だろうし、それを実践的に示し、未完の活人剣を磨くとなれば、それは剣だけでできるものでは到底なく、仏道修行と表裏一体であると、玄侑和尚の言葉をいただいて、さらに覚悟した次第であります。

落語家

柳家燕弥

20周年おめでとうございます 私の真打昇進披露宴で黒澤さんには演武をして頂きました。 刀で四方八方に天地を加えた十方の魔を払うという意味合いがある「十方払いの儀」続きを読む

> Webサイトへ

師範からのコメント>>

剣と禅とは昔から相性が良い。殺人刀、活人剣など禅の言葉の中に剣が使われることは珍しくない。
私の個人的意見だが、剣と禅との繋がりの深さのひとつには、武士である限り避けて通ることのできない修羅道の、救いを仏道に求めたのではなかろうか。古くは西行、戦国の謙信、信玄、江戸時代にはいって鈴木正三など、武士から出家した者は多い。
もちろん、純粋な意味での出家とは言えないかもしれない。(しかし、それを言うなら、今のお坊さんのどれだけが純粋な意味での出家と言えるのだろうか)
しかし、刀を腰にする私の会得した感覚として、実際に殺すにしても殺さぬにしても修羅は修羅、生臭だろうと仏道は仏道で、修羅に生きる者は、その闇が深いほど宗教に心魅かれるのだ。
玄侑和尚のいう「日本人の心のかたち」のひとつは、まぎれもなく「日本刀」だろうし、それを実践的に示し、未完の活人剣を磨くとなれば、それは剣だけでできるものでは到底なく、仏道修行と表裏一体であると、玄侑和尚の言葉をいただいて、さらに覚悟した次第であります。

待乳山本龍院 住職

平田真純

日本武徳院道場設立20周年、誠におめでとうございます。
現在でも「武士道」は、日本人の心の中に生きています。たとえば
続きを読む

> Webサイトへ

師範からのコメント>>

剣と禅とは昔から相性が良い。殺人刀、活人剣など禅の言葉の中に剣が使われることは珍しくない。
私の個人的意見だが、剣と禅との繋がりの深さのひとつには、武士である限り避けて通ることのできない修羅道の、救いを仏道に求めたのではなかろうか。古くは西行、戦国の謙信、信玄、江戸時代にはいって鈴木正三など、武士から出家した者は多い。
もちろん、純粋な意味での出家とは言えないかもしれない。(しかし、それを言うなら、今のお坊さんのどれだけが純粋な意味での出家と言えるのだろうか)
しかし、刀を腰にする私の会得した感覚として、実際に殺すにしても殺さぬにしても修羅は修羅、生臭だろうと仏道は仏道で、修羅に生きる者は、その闇が深いほど宗教に心魅かれるのだ。
玄侑和尚のいう「日本人の心のかたち」のひとつは、まぎれもなく「日本刀」だろうし、それを実践的に示し、未完の活人剣を磨くとなれば、それは剣だけでできるものでは到底なく、仏道修行と表裏一体であると、玄侑和尚の言葉をいただいて、さらに覚悟した次第であります。

写真家

大社優子

出会ったばかりの頃の黒澤師範はとてもやんちゃで
好奇心旺盛で、だけどどこか憂いのある表情が印象的だった。
剣をもち一瞬にして孤独を纏う。
続きを読む

> Webサイトへ

師範からのコメント>>

剣と禅とは昔から相性が良い。殺人刀、活人剣など禅の言葉の中に剣が使われることは珍しくない。
私の個人的意見だが、剣と禅との繋がりの深さのひとつには、武士である限り避けて通ることのできない修羅道の、救いを仏道に求めたのではなかろうか。古くは西行、戦国の謙信、信玄、江戸時代にはいって鈴木正三など、武士から出家した者は多い。
もちろん、純粋な意味での出家とは言えないかもしれない。(しかし、それを言うなら、今のお坊さんのどれだけが純粋な意味での出家と言えるのだろうか)
しかし、刀を腰にする私の会得した感覚として、実際に殺すにしても殺さぬにしても修羅は修羅、生臭だろうと仏道は仏道で、修羅に生きる者は、その闇が深いほど宗教に心魅かれるのだ。
玄侑和尚のいう「日本人の心のかたち」のひとつは、まぎれもなく「日本刀」だろうし、それを実践的に示し、未完の活人剣を磨くとなれば、それは剣だけでできるものでは到底なく、仏道修行と表裏一体であると、玄侑和尚の言葉をいただいて、さらに覚悟した次第であります。

セレクトショップ「High and Seek」ディレクター

夏川イコ

数年前に表参道をブラブラしていて、黒澤さんと一緒に古い刀剣を見に行ったことがありました。
独特な重みのある真剣を実際に手にしてみて、刀剣自体の強烈なエネルギーに、
続きを読む

> Webサイトへ

師範からのコメント>>

剣と禅とは昔から相性が良い。殺人刀、活人剣など禅の言葉の中に剣が使われることは珍しくない。
私の個人的意見だが、剣と禅との繋がりの深さのひとつには、武士である限り避けて通ることのできない修羅道の、救いを仏道に求めたのではなかろうか。古くは西行、戦国の謙信、信玄、江戸時代にはいって鈴木正三など、武士から出家した者は多い。
もちろん、純粋な意味での出家とは言えないかもしれない。(しかし、それを言うなら、今のお坊さんのどれだけが純粋な意味での出家と言えるのだろうか)
しかし、刀を腰にする私の会得した感覚として、実際に殺すにしても殺さぬにしても修羅は修羅、生臭だろうと仏道は仏道で、修羅に生きる者は、その闇が深いほど宗教に心魅かれるのだ。
玄侑和尚のいう「日本人の心のかたち」のひとつは、まぎれもなく「日本刀」だろうし、それを実践的に示し、未完の活人剣を磨くとなれば、それは剣だけでできるものでは到底なく、仏道修行と表裏一体であると、玄侑和尚の言葉をいただいて、さらに覚悟した次第であります。

フォトグラファー

柏谷 匠 かすや たく

黒澤さん、設立20周年おめでとうございます!
黒澤さんの映画レビューを参考に映画を見に行くと、いつも良い映画でとても感謝してます!
これからも
続きを読む

> Webサイトへ

師範からのコメント>>

剣と禅とは昔から相性が良い。殺人刀、活人剣など禅の言葉の中に剣が使われることは珍しくない。
私の個人的意見だが、剣と禅との繋がりの深さのひとつには、武士である限り避けて通ることのできない修羅道の、救いを仏道に求めたのではなかろうか。古くは西行、戦国の謙信、信玄、江戸時代にはいって鈴木正三など、武士から出家した者は多い。
もちろん、純粋な意味での出家とは言えないかもしれない。(しかし、それを言うなら、今のお坊さんのどれだけが純粋な意味での出家と言えるのだろうか)
しかし、刀を腰にする私の会得した感覚として、実際に殺すにしても殺さぬにしても修羅は修羅、生臭だろうと仏道は仏道で、修羅に生きる者は、その闇が深いほど宗教に心魅かれるのだ。
玄侑和尚のいう「日本人の心のかたち」のひとつは、まぎれもなく「日本刀」だろうし、それを実践的に示し、未完の活人剣を磨くとなれば、それは剣だけでできるものでは到底なく、仏道修行と表裏一体であると、玄侑和尚の言葉をいただいて、さらに覚悟した次第であります。

編集者

Gen Komatsu

初めて道場に足を運んだときに眼にした「真剣」の迫力――。この瞬間を忘れることはないでしょう。
これからも、「真剣」のオーラで私たちに新たな眼を開かせてください。道場設立20周年おめでとうございます。

師範からのコメント>>

剣と禅とは昔から相性が良い。殺人刀、活人剣など禅の言葉の中に剣が使われることは珍しくない。
私の個人的意見だが、剣と禅との繋がりの深さのひとつには、武士である限り避けて通ることのできない修羅道の、救いを仏道に求めたのではなかろうか。古くは西行、戦国の謙信、信玄、江戸時代にはいって鈴木正三など、武士から出家した者は多い。
もちろん、純粋な意味での出家とは言えないかもしれない。(しかし、それを言うなら、今のお坊さんのどれだけが純粋な意味での出家と言えるのだろうか)
しかし、刀を腰にする私の会得した感覚として、実際に殺すにしても殺さぬにしても修羅は修羅、生臭だろうと仏道は仏道で、修羅に生きる者は、その闇が深いほど宗教に心魅かれるのだ。
玄侑和尚のいう「日本人の心のかたち」のひとつは、まぎれもなく「日本刀」だろうし、それを実践的に示し、未完の活人剣を磨くとなれば、それは剣だけでできるものでは到底なく、仏道修行と表裏一体であると、玄侑和尚の言葉をいただいて、さらに覚悟した次第であります。

映像監督

大槻一雅

情け深くて、冷徹。挑発的で、思索的。理想家で、現実主義。権威への反逆と、本物への敬意。和装に、ブーツ。戯れながら、真剣。
数々の矛盾をケレン味たっぷりに自ら斬り結ぶスタイル、それが
続きを読む

師範からのコメント>>

剣と禅とは昔から相性が良い。殺人刀、活人剣など禅の言葉の中に剣が使われることは珍しくない。
私の個人的意見だが、剣と禅との繋がりの深さのひとつには、武士である限り避けて通ることのできない修羅道の、救いを仏道に求めたのではなかろうか。古くは西行、戦国の謙信、信玄、江戸時代にはいって鈴木正三など、武士から出家した者は多い。
もちろん、純粋な意味での出家とは言えないかもしれない。(しかし、それを言うなら、今のお坊さんのどれだけが純粋な意味での出家と言えるのだろうか)
しかし、刀を腰にする私の会得した感覚として、実際に殺すにしても殺さぬにしても修羅は修羅、生臭だろうと仏道は仏道で、修羅に生きる者は、その闇が深いほど宗教に心魅かれるのだ。
玄侑和尚のいう「日本人の心のかたち」のひとつは、まぎれもなく「日本刀」だろうし、それを実践的に示し、未完の活人剣を磨くとなれば、それは剣だけでできるものでは到底なく、仏道修行と表裏一体であると、玄侑和尚の言葉をいただいて、さらに覚悟した次第であります。

総合自分自身芸術家 炬燵の王様

チョップ・イチロットン

黒澤師範とは2014年10月4日に大分県別府市で行われた共通の友人が主催したイベントでの共演で知り合い、師範は居合の演武、僕はロックバンドでそのステージに立った。
その日、あらゆる
続きを読む

師範からのコメント>>

剣と禅とは昔から相性が良い。殺人刀、活人剣など禅の言葉の中に剣が使われることは珍しくない。
私の個人的意見だが、剣と禅との繋がりの深さのひとつには、武士である限り避けて通ることのできない修羅道の、救いを仏道に求めたのではなかろうか。古くは西行、戦国の謙信、信玄、江戸時代にはいって鈴木正三など、武士から出家した者は多い。
もちろん、純粋な意味での出家とは言えないかもしれない。(しかし、それを言うなら、今のお坊さんのどれだけが純粋な意味での出家と言えるのだろうか)
しかし、刀を腰にする私の会得した感覚として、実際に殺すにしても殺さぬにしても修羅は修羅、生臭だろうと仏道は仏道で、修羅に生きる者は、その闇が深いほど宗教に心魅かれるのだ。
玄侑和尚のいう「日本人の心のかたち」のひとつは、まぎれもなく「日本刀」だろうし、それを実践的に示し、未完の活人剣を磨くとなれば、それは剣だけでできるものでは到底なく、仏道修行と表裏一体であると、玄侑和尚の言葉をいただいて、さらに覚悟した次第であります。